東芝のソーラーシステムの価格

gf1940281802l

東日本大震災以降原発の停止や災害時の備えなどの理由からソーラーシステムを設置する動きが活発になってきています。

そうした世間の変化に同調するように多くの企業が太陽光発電に関係する事業を本格的にスタートさせ、現在も多くのソーラーシステムが販売されています。

東芝もそうしたつい最近業界に参入したメーカーで、提携先のアメリカのソーラーシステムを販売しています。

東芝が販売しているソーラーシステムは日本家屋にも利用できるような小さなソーラーパネルにも係わらず非常に高い変換効率を持っており、その数値は19.3%にも上ります。

その高い性能は非常に評価されているもののその高いクオリティーが原因となって価格の面で顧客を逃してしまっているともいいます。

東芝のソーラーシステムの価格は他社製品に比べても少々高めです。特に高い性能を持つ発電システムを一式そろえようとした場合メーカー小売希望価格は400万円以上に上ることもあるといいます。

施工業者によっては割引なども行われているので実際に支払う額はもう少し下がりますが、それでも他のメーカーと比べると高額な設定となっているので中には予算不足になってしまう方もいるかもしれません。